【栄冠ナイン】これで優勝!甲子園優勝監督が教える必勝練習メニュー

 

 

甲子園優勝への必勝練習メニュー

甲子園で優勝した時の練習メニューをポジションごとに記載していきます。

世代交代の方法や試合運びなどについては別途記載していきます。

IMG_1805

 

投手

1)2球種の変化球量を3にします。1があると打たれます。変化球が1つの場合は2つめを覚えてください。

2)2年生の秋大会には先発する必要がある為スタミナDをにします。

3)コントロールをDにします。

4)球速を135にします。

5)一人目(先発)はスタミナCにします。二人目(中継ぎ)は第3球種を取得し変化量を3にします。

6)一人目は第3球種を取得し変化量を3にします。二人目の球速を145にします。

7)一人目の球速を145にします。二人目のコントロールをCにします。

8)一人目のコントロールをCにします。

9)残り期間は好きにあげてください。

二人ともスタミナC以上あるので序盤で降板しても終盤まで継投する事が出来ます。

投手が3人いる場合は打撃専門選手にしています。

 

捕手

1)能力Gを無くします

2)パワーをC、ミートをDにします。

3)パワーをB、ミートをCにします。

4)パワーをA、ミートをBにします。

5)走力、肩、捕球をEにします。

6)残り期間は好きにあげてください。

今のところ守備の重要性がなさそうなので打撃重視で育てています。

偶にに盗塁されるので肩をCまで上げてもいいかもしれません。

僕は盗塁されるのはあきらめています。

 

一塁手

1)能力Gを無くします

2)守備をDにします。

3)パワーをC、ミートをDにします。

4)捕球をDにしパワーをB、ミートをCにします。

5)走力、肩をEにします。

6)残り期間でパワーA、ミートBを目指します。

多少の守備力が必要です。捕手に次ぐ主砲として育てていきます。

 

二塁手

1)守備をCにします。

2)捕球、肩、走力をDにします。

3)パワー、ミートをEにします。

4)守備をB、捕球、肩、走力をCにします。

5)パワーC、ミートDにします。

6)残り期間は好きにあげてください。

守備が重要です。また肩が弱いとゲッツーが取れないので肩も上げていきます。

 

三塁手

1)能力Gを無くします

2)守備をDにします。

3)パワーC、ミートDにした後、肩・補給をDにします。

4)パワーB、ミートCにした後、肩をCにします。

5)パワーA、ミートBにした後は好きにしてください。

意外に守備が重要です。肩が弱いとゲッツーが取れません。また強い打球が飛んできますので捕球も上げてます。

(一度サードライナーを弾いてサヨナラ負けした経験ある為)

 

遊撃手

1)守備をCにします。

2)肩、捕球、走力をDにします。

3)パワー、ミートをEにします。

4)守備をB、肩、捕球、走力をCにします。

5)3)パワー、ミートをDにし肩Bをめざします。

一番守備が需要です。肩が弱いとゲッツーが取れないので肩も上げていきます。

 

外野手

1)守備、走塁をEにします。

2)守備、走塁をDにします。

3)パワーD、ミートEにした後、肩・捕球をEにします。

4)走力、守備をCにしパワーC、ミートDにします。

5)走力をBにします。

守備が低いと簡単に外野の頭を越されますのである程度守備をあげておきます。

 

 

 

ad

 

ad

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

記事はありませんでした



  • Powered by amaprop.net
PAGE TOP ↑